仕事の時間効率を上げるコツ

時計

仕事をしているとどれだけの時間で何を成し遂げたか気になるところです。特にフリーで仕事している方であれば誰の目もないので自分が『管理者』となる必要があります。(これが結構大変だと思います)

ではどのようにして仕事の時間効率を上げることができるでしょうか?自戒の意味も込めてまとめてみました。

仕事は段取り勝負

仕事は年度-月-週-日の単位で回ってゆきますが特に『日』の単位で上手に組織しなければなりません。自分の目に付いたものばかりに手を付けていると時間の割には何も成し遂げられないことが生じます。

一日の作業をする前に少しの時間を割いて仕事の優先順位とそれに必要な大体の時間をメモします。それから順番に仕事を進めてゆくと右往左往せずに済みます。

一日に終わりにどれだけ仕事が進んだか進捗度合いを確認してみましょう。本来のタスク以外の事にどれだけ時間を費やしたかも分析してみると意外と多いのに気付くかもしれません。

特に重要かつ面倒だと感じる仕事は一日の最初にとりかかりましょう。後伸ばしにすると他の作業をしている時も大事な仕事のことが頭によぎって作業効率が下がるからです。

時間の『無駄』を省く

仕事は集中力の強さ・持続でクオリティも変わってきます。逆に気を散らされる物が多ければ多いほど集中力は浅くなるので仕事の効率も下がります。

私の場合は常にPCを開いてブラウザを使って仕事をしていますが集中していないと他の事に使いたくなります。その日のニュースとか少しでも見ると芋づる式に記事を読んでしまうので作業中は見ないようにします。

それと、SNSのポップアップも個人的には気が散ってしまうので設定をオフにして自分が決めた時だけ見るようにすると良いでしょう。急ぎの連絡でなければ作業終了後に返事をすると仕事の中断を防げます。

パソコンで仕事をしていると時折「仕事」と「娯楽」の境目がなくなることがあるかもしれません。多分そんな時は既に「娯楽」で用い始めているので気を取り直して集中しましょう。(私がw)

このページの先頭へ