仕事の行動計画を簡単に作成する方法

予定表

仕事を勧めてゆく上で計画は要となります。

自分に権限と責任があるならば全て自己管理してゆく必要があるわけですが、どのようにして効率的な行動計画を作って実行してゆくことができるでしょうか。

個人的に実践してみたい部分をまとめてみました。

仕事の行動計画の作成方法

毎日のしなければならないリストを作成するときには箇条書きにすることもできます。別の方法としては1~5のように数字を振ったほうが個人的には順番として意識することができると思います。

もちろん一日の中で重要事項が最初に来るのですが、必ずしも多くの時間がかかるというわけではありません。リストの中で時間をかけて行う必要のあるものはマーカーなどで目立たせておくことができます。

終わったら一つ一つ消してゆき次の日に繰り越します。前日に終わらなかったものは翌日の最初に行うようにします。いつまでもリストの中に留まっていて手を付けないものは必要でない仕事かもしれないので本当にやるべきなのか見直します。

予定表は何を使う?

私の周囲ではタブレット端末を使っている人が圧倒的に多いようです。ちなみに私は現在も紙のダイアリー帳を使用しています。ここの部分は個人の好みで良いでしょう。

一つ気を付けたいのが予定表の『同期化』です。PCとタブレット、または紙の手帳それぞれに予定表を書き込むと混乱してしまいます。本当は一本化するのがベターですが、もしPCとタブレットを同時に使うならば同期化できるようにしておきましょう。

このページの先頭へ