重要な仕事を朝の早めの時間帯や午前中に済ませるべき理由

重要な仕事は早めに行おう!

一日の仕事の順番はどんな形がベストなのでしょうか?

人によって回答は異なるかもしれませんが、個人的には朝の時間帯に重要な仕事を持ってくるのがベストだと感じています。「朝の時間帯は前日の疲れが・・」という方は悪循環に陥っている可能性があるので生活スタイルを改善する必要があるでしょう。

それはさておき、心身ともにリラックスした状態の時には朝の時間帯を活用したいものです。大抵の方は9時始業だと思うので、大体9時から11時位の時間帯としましょう。

その理由を解説したいと思います。

朝の時間帯に重要な仕事を行う理由

一日の中で重要な位置を占める仕事を先に行うのは「時間帯と順番」の理由からです。

人は一般的に朝の時間帯から昼前くらいにかけて集中力が高まり頭もさえるのでこの時間帯には大事な業務を組み込む十分の理由があります。そうすれば明晰な判断力で仕事を進められるので効率を上げることができます。

反対に午後の1時から2時半くらいの時間帯は昼食を取って一休みした後なので一番眠い時間帯ですよね。その後は3時から5時くらいにかけて一日のラストスパートに移るわけです。

簡単にまとめると、午前の時間-午後の早い時間-午後の遅い時間の3区切りにすることができます。この時間帯でどれだけのパフォーマンスを上げられるかに応じて仕事を振り分ければ良いのです。

大事な業務はさっさと済ませるのがコツ

一日の早い時間帯に重要な仕事を済ませるのは別の理由があります。

重要な決定権が与えられている業務であればそれが終わらないと常のその事が頭にあるので、今している業務のパフォーマンスが落ちてしまいます。

もし後回しにする癖があると、一日の終わりや締め切り間際になって迫られて重要な決定を下さなくてはならなくなります。重要な事はある程度の時間的な余裕が無いと判断力が鈍ることがあります。

これらの点を踏まえて、一日の業務の順番を組むようおすすめします。

このページの先頭へ