地方都市のスーパーで夜間のバイトをした感想

スーパーの陳列棚

以前に地方都市(人口数万人規模)のスーパーで夜間をバイトを経験したことがあります。私が住んでいたのは田舎だったのでいわゆる「市内」まで車を走らせて通勤していました。

そこのスーパーは夜の11時まで営業しており、私は夜の5時か6時から11時のラストまでバイトをしていました。時給は6時からは900円だったので地方都市(田舎寄り)にしてはかなり割の良いバイトです。

個人的には楽しい経験でした。

夜の8時以降はほとんど暇

夕方の8時までは地元の人たちが買い物に来るので若干混んでいますが、それを過ぎるとかなり暇になります。9時からはレジ3台、10時以降~閉店まではレジ2台で対応します。

しかし田舎に近い地方で夜のこの時間はさほどお客さんも来ないのでかなり暇になります。品出しや軽い清掃なども行ってもなおかつ時間が余るのでその場合はレジで待機しててもOKです。

夜間は持ち回りで責任者として社員の方も入って(基本サービスカウンター内で待機)いますが、バイトも暇なので値引きシール貼りやパンの半額値引きなどの作業も行います。

揚げ物や惣菜、パンなどを半額にする時間は大体決まっているので、その時間を狙って来るお客さんたちもいます。シールを貼ると直ぐに持って行ってくれるもののあれば閉店まで売れないものもあります。

私が働いていた店は閉店してからレジの精算をする少しの時間にバイトの人たちも買い物をするのを許されていました。それで半額商品や本日の特売品などを買っていたのでかなり家計の足しにはなったと思います。

レジの精算をして最終的に店を後にするのは毎回11時半頃でした。それから車を30分ほど走らせて帰るのも夜のドライブ気分で楽しい思い出でした。

明るさと真面目さがあればOKです

スーパーの仕事は毎回人と接するので明る人の方が重宝されます。自分はさほど明るくないと思っていても真面目であれば問題ありません。(ぶっきらぼうでなければ問題ない)

あとお金を扱うので正直さも大切です。私は何年もこのバイトをしていましたが特にお客さんからのクレーム等は受けませんでした。(これが普通)まぁさほど難しい仕事ではないので誰でも務まると思いますよ~

このページの先頭へ