家事を極めたいならハウスクリーニングのバイトもおすすめ

掃除をする女性

仕事をしつつ生活の質も上げることができたら望ましいですよね。家事の中で特に『お掃除』のスキルアップをしたいならばハウスクリーニングのバイトもおすすめです。

私も以前にダスキンのサービスマスターでバイトをさせていただいていました。ここで培った掃除の技術は今の生活でも本当に役立っています。

家の隅々をきれいにする技術を会得できる

ダスキンというマットの交換をイメージするかもしれませんが実はそれだけではありません。お部屋の掃除や事務所、エアコンの掃除など広く扱っています。

[関連情報] ダスキンサービスマスター公式ページ

私のいた所は、最初入った時には個人まわりした店舗で小さな倉庫に資材が置いてあるのみでしたが、後に支店にまで発展したお店でした。

お部屋に関するお掃除であれば何でも行いました。台所・お風呂・トイレ・カーペット・窓・エアコンなど、様々な機材や道具を駆使しながら家をキレイにできるのでやりがいを感じました。

今でも役立っている技術としては主に家の水回りの掃除です。どんな風に掃除をすれば汚れが落ちてキレイに見えるかコツを知っているので家事の効率も上がります。

家のおトイレも普段はトイレ用ブラシを使いますが、本気モードの時はゴム手袋をして便器に手を突っ込んで奥やフチの所までピカピカにして汚れを落とします。

勤務時間は午前中の9時から午後の5時までで1時間休憩、午前は一現場行って午後は大きな現場一つか小さな現場二つでした。

ずっと作業をしているわけではなく、車での移動や待機時間も結構あったので実質動いている時間は体感としてはあまり多くありませんでした。(当時の時給で1,100円)

掃除はどこに住んでいても役立つスキルの一つ

清掃業は地味に思えるかもしれませんが、地味なりの楽しさもあります。マイペースで黙々と作業できることやキレイになるのでやりがいも感じやすい仕事だと思います。

基本的に健康で体力があり責任感があれば務まる仕事です。なおかつどの地方に住んでいても何かしらの求人はあるので一度働いてみておくと後々役立つスキルになるでしょう。

このページの先頭へ