バイトを長続きさせるコツ

転職だ!

バイトが見つかったとしても長続きしなければ再び次のバイトを見つける羽目になります。それでできるだけバイトを長続きさせる必要がありますがどうしたら良いでしょうか?

この点を考えるにあたり、「なぜ人はバイトを辞めるのだろうか?」と逆説の観点から考えると分かりやすいです。では解説したいと思います。

人がバイトを辞める理由

バイトを辞める理由としては・・

  • 時給・待遇/仕事内容の不満
  • 体調を崩した
  • 家族の事情、引っ越しなど
  • ブラックバイトだった
  • 人間関係のトラブル

などが挙げられます。

この中で1~4番目はバイトを始めてから気が付いた(発生した)ことなのである意味やむを得ないと思います。しかし5番めの点”人間関係のトラブル”に関してはどうでしょうか?

環境を変えるか?自分が変化するか?

人間関係のトラブルはケースバイケースなので、ここでは一律の規則を述べることはありません。職場によっては自分にとって「どうにもならない人」がいて心身ともに疲弊することもあるかもしれません。

問題解決にベストを尽くしたとしても状況が変わらず自分に大きなストレスになっているのであれば「逃げるが勝ち」の場合もあることを覚えておきましょう。

しかしどこの職場に行っても些細なことを発端としてトラブルになったり自分がつまらなくなっているのであれば転職したとしても状況は変わらないかもしれませんね。

自分を含めて誰にでも弱点はありますし仕事上思い通りにならないこともあります。つまりバイトであれ会社で働いている以上職場や同僚に対して不満が出てくるのは避け得ないことです。

もっと重要なのは「それをどう処理するか」なのです。もし自分が不満をすぐに態度で表に出す人として知られているのであれば注意が必要です。物事を別の角度で見る必要があるのかも知れません。

もちろん人間関係の問題はケースバイケースなので何が良い/悪いと言い切ることはできません。しかし自分の捉え方で問題が生じるのを減らすならばより長くバイトを続けることができるかもしれないのです。

何事も寛容さは大切ですよね。

このページの先頭へ